[ HOME ] [ TOP ]

全データー(675件)中、[実施年度]「2014」を含むもの(47件) 且つ
[県名]「北海道」を含むもの(1件) を登録順表示

2014
北海道 開催済
開催日
 2014年6月29日
開催場所
 千歳市開基記念総合武道館/ 
 (千歳市)
出場チーム
 小学団体:103 チーム

 中学団体:93 チーム

 小学個人
  男子:83 名 / 女子:69 名

 中学個人
  男子:83 名 / 女子:76 名

 その他部門:
  名
参加合計
 1291 名
審判長
 芳賀  徹 先生
基本錬成講師
  
備 考
  
小学生 団体の部
中学生 団体の部
優勝
天塩和敬道場
優勝
真駒内少年剣道会A
準優勝
函館柳雪館大野道場A
準優勝
函館柳雪館大野道場A
第3位
森町剣友会A
第3位
帯広徹心館A
第3位
小樽少年剣道会A
第3位
苫小牧正心館
小学生男子 個人の部
中学生男子 個人の部
優勝
小山和馬(平取義経剣心会)
優勝
波間陽平(真駒内少年剣道会)
準優勝
橋 賢(苫小牧至誠館)
準優勝
川口翔太郎(森町剣友会)
第3位
清野創二郎(新十津川尚武館)
第3位
大塩泰我(千歳明徳館)
第3位
佐藤裕章(花川剣道スポーツ少年団)
第3位
坂本 丞(伊達網代道場)
小学生女子 個人の部
中学生女子 個人の部
優勝
大塩優里那(千歳明徳館)
優勝
重岡佑季(三石翔武館)
準優勝
岡 颯希(砂川錬心舘)
準優勝
濱田裕佳(猿払剣道スポーツ少年団)
第3位
千田楓菜(久保内剣友会)
第3位
尾張陽菜(森町剣友会)
第3位
臺川美咲(天塩和敬道場)
第3位
安藤優佳(砂川錬心舘)
その他開催部門
 
全国大会出場道場
小学生団体の部
新十津川尚武館、月形明心館、岩見沢鉄北少年剣道教室、天塩和敬道場、帯広徹心館、遠軽武道館、音更柳町剣道少年団、帯広の森体育館剣道部、札幌札苗剣心会、千歳修心館、札幌若草スポーツ少年剣道部、札幌勇武館、真駒内少年剣道会、小樽少年剣道会、苫小牧至誠館、伊達網代道場、森町剣友会、様似カムイ道場、苫小牧如水館、稚内白樺道場、函館柳雪館大野道場、西当別剣道少年団

中学生団体の部
東川錬成館、天塩和敬道場、帯広徹心館、帯広進取館、千歳修心館、札幌龍心剣道少年団、札幌勇武館、真駒内少年剣道会、太平南剣友会、苫小牧正心館、三石翔武館、伊達網代道場、苫小牧如水館、函館柳雪館大野道場、長沼、砂川錬心舘、稚内白樺道場、光陵中学校
コメント
午前6時前から大会場周辺の道路では、参加者による交通渋滞が起きていたが無事予定時刻に開会式が実施された。会場では約3,500人もの人で溢れかえっていた。開会式では入場行進の後、阿部副会長の開会宣言、物故者への黙とう、君が代の斉唱に続いて、平成25年度優秀指導者等の表彰を行い、小高大会長の挨拶、千歳副市長、北海道剣道連盟会長の祝辞、ご来賓の紹介、芳賀審判長の説辞。昨年度小・中学生の部優勝道場の代表による選手宣誓を行った。午前9時25分審判長の合図により8会場一斉に個人戦より試合が開始された。試合は緊迫した中、各コートでは熱戦が繰り広げられ、見ごたえのある試合錬成であった。午後5時にすべての試合が終了。閉会式では、各部門ごとに表彰、最後に阿部副会長の閉式宣言により全日程を終了した。


(1/1)

[ HOME ] [ TOP ]


Database Factory